【ミャンマー②】ネピドーでガス欠…!

【ミャンマー②】ネピドーでガス欠…!

いつも読んでくださってありがとうございます。

一度クリックしてから続きをどうぞ…(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 学生世界一周へ
にほんブログ村

 

こんばんは!ふーたです!

さて、14時過ぎにネピドーに着き宿にも無事到着。

噂通り、広いホテル。

レセプションから部屋のある建物まで歩いて3分くらい。

最初はカートに乗って送ってもらいました。

しばらくごろごろした後、少しだけ観光することを決意。

 

その前にネピドーとはなんぞやという人も多いと思います。

ネピドーは2006年に旧軍事政権によってヤンゴンから遷都されるにあたって

首都としてゼロから作りだされた街です。

遷都の理由は公表されていませんが、南北が統治しやすくなる、内陸なので攻め込まれにくくなる、元首の占星術師の命令などの説があります。

なににせよ、元々は水田と小さな村しかなかった場所。

見どころとしては何もなく、ある施設すべてがだだっ広いということ。

この不思議な街を一目みるためにやってきたのでした。

 

ネピドーにも何か所か観光できる場所があるのですが、それぞれが遠いうえに交通機関がほとんどない。

ということでホテルにレンタルバイクがあったのでそれを借りて出発しました。

まず向かうはおすすめされたウォーターファウンテンパーク。

あとで気づきましたが裏側の門から入っていたので、裏側の池しかみてません。

しかし、ネピドークオリティを信じて表側も大したことないはず!

いや、大したことはあるんですよ。

広いし、手入れもしっかりされている。

だけども誰もいない。従業員以外。

ほんとに不思議な感じになります。これまで人にあふれた東南アジアしかみていなかったので、こんなに閑散としているとは。

クオリティ低いペンギン
カップルにはいい場所ですね。

 

さて次は、ウッパタサンティ・パゴダ。

やはり人の少ない通り。

これ実は、ヤンゴンにあるシュエダゴン・パゴダの実物大レプリカ。

ヤンゴンから遷都してきて同じ物を作るとは、恐ろしい発想力。

人をみればわかるその大きさ

ただシュエダゴンの方と違い、中を見物できるのがありがたい。しかも無料で。

今日はこの辺で帰ろう。

 

しかし、問題が起こります。

ここからホテルまで18キロ。

6キロほど進んだところで、ガス欠になりました…

記憶にあるガソリンスタンドはまだまだ先。だんだんと暗くなる空。

焦りながらも、通りがかるバイクに声をかけつづけると10台目くらいでようやく止まってくれました。

ネピドーの人たちはほとんど英語が通じませんが、なんとかガス欠したことを伝えると待っとけというジェスチャーをして去っていきました。

不安になりながらも信じて待つこと10分。

彼らがペットボトルにガソリンをいれてもってきてくれました。

助かった…まじで一瞬焦りました。

 

おかげでなんとか宿に到着。

長旅にバイクに大変な日でした…

 

 

ランキング参加してます! クリック数でランキングが上下します!

下のバナーをクリックしてくれたら飛び跳ねます!!!

応援よろしくお願いします!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

にほんブログ村 旅行ブログ 学生世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 学生世界一周へ

にほんブログ村

⇑⇑⇑⇑⇑⇑⇑⇑⇑⇑

 

こっちもよろしくです↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Twitterもフォローお願いします!!!

ふーた(@pown3

ちゃい(@laugh__www)